BL本を中心とする、感想ブログ。 映画などの感想もあり。 といっても本と映画の数は半々くらいです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
薔薇色の人生
薔薇色の人生 (B-BOY NOVELS)薔薇色の人生 (B-BOY NOVELS)
(2008/07/18)
木原 音瀬

商品詳細を見る



はー楽しかった。木原さんの作品で笑って終われるなんて、なんて素敵。
途中モモに感情移入してちょっと辛かったりしたけど。
モモがねー、ほんとどうしようもないんだけど、可愛いのよ。
ひじょーーに腹立たしい攻めの多い木原さんだけど、今回はそーゆーイライラはなかったな。

しかし、ロンちゃんのプロポーズの言葉と時計の告白にはやられたわ。。
木原さんの一番の魅力ってここだと思う。
『箱の中』のクッキーのキスの時も思ったけど、なんかすごい格好悪いんだけど、たまんないってゆーか、どきっとするんだよねぇ。カッコつけた言葉なんかよりすごい愛を感じるの。

あたしずっと木原さんとは相性が悪いと思ってたし、実際手ばなしで面白かった事ってないんだけど、最近やっぱいいな思うことが多いなぁ。
でっでも別にファンなんかじゃないんだからねっ!
ってスタンスでいようかな 笑



あ、それと今回、甚吾さんがすごく好きです 笑
スポンサーサイト
page top
吸血鬼と愉快な仲間たち
言わずもがなの木原音瀬さんの作品。

木原作品とはイマイチ相性の悪い私ですが、これはわりと面白かった。

そう目新しい話ではないですが、BL的にはあまり無かったタイプでは?
お話は行くべき道を行ったという感じで安定感もありますが、ありきたりだったり退屈な事はない。
キャラクターも定番からそう外れてはないけどおもしろいし。
主人公のキャラはだいぶ胡散臭くはありますが…。


ただクライマックスのグロテスクな描写は個人的には少々下品に感じた。
基本的に私はグロテスクなのは苦手ではないですが。
だけどこれはなんか……やりすぎ。
目ん玉飛び出なくてもいいじゃんか……。
木原作品には痛い作品が多いですが、これは中じゃなくて外が痛い。



それでも
一晩開けてから見返してみたけどやっぱ面白い…。。
続編も絶対読みます!



あとイラストが下村富美さんなのは大正解!

© R-DADA. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。