BL本を中心とする、感想ブログ。 映画などの感想もあり。 といっても本と映画の数は半々くらいです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
バグズライフ
地上派初登場らしいです。
でもこれだいぶ前のですよね?
映画館に見に行ったの小学生か中学生の頃ですよ(汗)


もはや内容なんて全く覚えてなかったのですが、意外と面白くてびっくり。
つかドット姫かわいーーvvv
ブルーベリーズらぶ!
そういえばドット姫のハンドタオル持ってたよ昔(笑)
あとてんとう虫の人(?)も好きです。
名前なんだっけ?


私リアルだと虫大っっっきらいなんですけどね!
全然気持ち悪く作られてないんで、(そりゃディズニーだから)虫嫌いの人でも面白いと思います。
ディズニーらしい話だけど、そんなクサくないし。
大人でも楽しいと思います。


これからは嫌いな蟻もちょっとは大事にしてやろうかと思いました(笑)
スポンサーサイト
page top
功名が辻

今日第一回放送でしたね。
仲間由紀恵が最初しかでてこなかった…(汗)
今日はまだ子役の回でした。
次回から仲間由紀恵になるみたいですね。


なんか役者がまだ馴染まなかったなー。
織田信長とか、舘ひろしさん自体は好きなんですが、私的には『利家とまつ』の時の反町隆史の印象が強いので。
あれはすごくハマリ役だったと思うし。
そいえば『功名が辻』は最近の大河にしては若い役者さんが少ないですね。


あ、「この乱世、明日をも知れぬ命なら、惚れたお方に仕えたい」って台詞は素敵でしたvv
この台詞は秀吉が信長に対しての意味として言った言葉ですが、次回で一豊が信長に対しての意味として言うみたいですね。
ただ、話が戻っちゃいますが、信長が正直格好良さに欠けるので、その言葉にあまり説得力は感じられません…
残念。

ていうか、大きい声じゃ言えないがちょっと年取り過ぎよ信長さん…
この頃まだ33歳ぐらいだろー
ちなみに舘さんは56歳ぐらいのはず。
page top
ウィンブルドン
39歳になった元世界11位(現在は100位以下)のテニス選手が最後のウィンブルドンで…?
ってお話です。


うーん、可もなく不可もなくってところでしょうか?
まあこんなもんかなってカンジです。

スポーツものっていうよりはラブストーリーでした。
現在注目されてる女子テニス選手と知り合って、自分がどう変わっていくかってテーマだった(んだと思います)のですが、その辺はなんか…結局この人彼女がいなきゃだめなんじゃ…って感じで、主人公自身に変化があった感じがしなかったのが残念でした。

最後の決勝戦のとこはそれなりに迫力あって面白かったです。
あとヒロインのブラックベリー役の子がかわいかった!
役者の名前は観なかったんですけど、フランス人の人かな?

page top
大塚愛 drop.

シングル『プラネタリウム』のカップリング曲です。
こっれがもー可愛くて大好き!
大塚愛の曲って全部かわいいですけど、コレは特に好きです。
今パソコンでエンドレスで流してますvv
詩がとにかくかわいいのよー


"君のとなりはとっても居心地がよくて
甘くも優しくもあるの"


やばい!らぶ!

あー妄想がー(笑)
結局そこなのよ。


いまのj-popってほとんどラブソングじゃないですか。
なんか音楽の歌詞とか男同士で想像しちゃいません?
作者はもちろん男と女のラブソングのつもりでしょうけど、中には
男同士でも変に聞こえない歌詞もあるし。
うーん腐れ女子の性か…(笑)
ちなみに私の妄想イチオシはばんぷおぶちきんの『すのーすまいる』!
ちょー素敵ですよ><!

page top
白猫
トジツキハジメさんの短編集。

やーんいいですよぉ。
受がどれも可愛くて!でもちゃんと男の子なトコも好き。
短編集ですがどれが一番好きとか決められないですよ。

だけどあえて言うなら『and sheep』かな。
受の子に羊の耳としっぽが生えてしまうお話です。
マニアにはたまりませんよね!(笑)
いや、でも私そっちの趣味はあんまりないんですが、それでもこれはよかったかな。


もうこの方の作品とにかく可愛いに尽きるのですが、
そもそもが私可愛い受け(攻めはいいの)とか苦手なのに(可愛さにもよりますが女の子と混同しちゃうようなのは嫌)この作品は全然大丈夫でした。
ちゃんと男の子だったし。

あ、書きそびれましたが攻めも可愛いんだこれが!
作品にもよりますが『sweat days』の攻めはホントに可愛い。
受にかわいいかわいい連呼される攻め…いいっすね!(笑)

独特のテンポや効果音(?)もいいし…うーんすきだぁ!(結局それかい)
page top
月曜日の約束
河井英杞さんの短編集です。

この作家さんは先々月のDear+みて知りました。
なんか…絵とか表現とかちょっとレトロなとこあるんだけど、古いんじゃなくて。
むしろ逆に新しくて魅力的でした。

これも表題作が一番好きかなー。
一番安心して読めるから。この方の描くもの憂いを含んだようなのが多いですよね。
夕凪なんかもう切なくて読むのしんどいんですよ。
そういう意味ではこのコミックスに収録されてるものより、先月のDear+のがよかったかな。さわやかで素敵でした。

でも作画だけでも本当に素敵。
効果音とか普通かき文字のところ写植してるのも雰囲気あっていいと思うし。
でもこの作家さんあんまり出てないですよね。
ビブロス系ででてるのが多いみたいですけど、私あんまり買わないしなぁ。
でもまたコミックスでてたら買いたいと思います!

page top
ウンポコvol.4
志々藤からりさんの『イカサマアシスタントへの道』(略してゲソ道)が読みたいがために買いました。前回のがよかったんで。
72時間の低空飛行…驚異だわ。

全体でも意外と笑える漫画多いですよね。
激しく趣味の別れる漫画もありますが。


ところで、ひとつすっごい気になってしょうがない事があるんですが、『少年よ耽美を描け』を描いてた赤影さんて某大手少女漫画雑誌の某姉妹漫画家さんでは…
違ったら申し訳ないですが…。
あ、作品はとても面白かったです。しょーもないんだけど笑えたので。
上で言ってる事があってたら少女漫画の時よりずっといいかな。
タイトルもなかなか的を射てると思うし。

あと私は堀江蟹子さんの『QPing』がかなり好きです。
あの黒さはたまんないね!(笑)

page top
FLY,DADDY,FLY
レンタルショップであらすじ読んで、これだー!と思いました(笑)
もろに私のツボなんです!
配役もいいし。
その日は残ってなかったので諦めたのですが、今日行ったらあったので借りました。

いいですよー!
おっさんと高校生の友情!高校生がおっさんの師匠!(喧嘩の)

高校生役の岡田准一がちょおカッコ良かったですよ。今まで岡田カッコイイと思ったことないんですけど、この役はすごく良かったですね。似合ってた。
反対に堤真一がホントださくてダメおっさんで、いやでも岡田とは違った意味でカッコいいんですけどね。
この役が堤真一じゃなかったら私はこの映画観てなかったかも。
その緑ジャージはどうにかならないのか!と思いつつにやけてました(笑)

もとネタがめちゃくちゃイイと思うし、エピソードや小ネタも面白かった。
難を言えばちょっと展開のテンポが悪いかな。
最初の白黒シーンはもっとサクサク進めちゃってよかったと思うんですよねー。
というか全体的にもっとPOPにしていい作品だとも思うんですけどね。
それでも途中からは良かったな。
最後も気持ちのいいラストだった。
© R-DADA. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。