BL本を中心とする、感想ブログ。 映画などの感想もあり。 といっても本と映画の数は半々くらいです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ロマンス小説の七日間
海外ロマンス小説翻訳家のあかり。
恋人に対するイライラを思わず翻訳小説にぶつけてしまう。
原作を離れどんどん創作されるストーリー。
現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、やがてどんどんとんでもない展開に!


前回読んだ『月魚』で三浦しをんにはまったので他もがんがん読む予定。
普通の男女の恋愛ものかと思っていたので買うかどうかためらっていたのですが、裏表紙のあらすじに落とされました。
これで面白くないはずがないって!!
あかりの書いたロマンス翻訳小説(途中から創作小説になってるケド)とあかりのお話が交互に載っています。
二つ読めてお得?


発想が素敵ですよねー、コレ。
最初はバラバラに思える二つの話も除々にリンク(?)していっていい感じ。


ロマンス小説が結構ちゃんと書いてあって、下手をすると本編よかこっちのがページ数多いかも。
というか私いわゆるロマンス小説(ハーレクイン?)という物を読んだことがなかったので、なんか新鮮だった。もっともハーレクインなのは最初だけって気もしますが。
スポンサーサイト
page top
月魚
ご存じ三浦しをんさんの名作。

これよ
これなのよ。
こーゆーのが読みたかったの!!!


ずっと探し求めてたものがここに!
単に自分に好みって理由も存分に含まれますが
すごくよかった。
出先の電車の中で夢中で読みました。


恋愛という言葉ではくくれない
一対一の濃密な関係性。


映像化してほしい作品だなーとは思いました。
いや、してほしくないとも思っているんですけど。
私の頭の中に私だけの形で残しておきたいような。


言葉が綺麗だとか、文章から溢れる官能だとか。書きたい事はたくさんあったのですが、でもそういうことはもう書いている人がたくさんいるので書きません。
ただ最後に思ったのが
これほど言葉から紡ぎ出される物語っていうのをリアルに感じたことはなかった。ってこと。
私にとって物語は物語という塊で認識されていて、それが言葉というものからできてるとはあまり考えないんだけれど。


是非読んで下さい。
そういえば内容にはあまりふれなかったけど古書店の話で、ストーリーだけ見ても面白いですよ。



つーか結構支離滅裂な文章でごめんなさい。(泣)
page top
デスノート11
毎度のことながら難しかった…。
途中文字が頭をスルーしちゃって話がわかんなくなってました(汗)

なんか話かなり進んでますね。
とりあえずニアとは決着が付きそう。
これ以上の膠着状態ってコトはないでしょう。
でもデスノート自体はまだ終わらなそうですよねー。

これ最後どうなるのかしら?
とりあえず月は死にそうですよね…。
ここまで展開が予想できない漫画もそうそう無いですって。

あとやっぱり作画がすごい綺麗。巻を重ねる毎に整っていく気が…。
それ含めてなんか作品にあってますよね。

page top
クマとインテリ
なにげに有名な一冊。
お…オヤジ好きにはたまんねえ!

bassoさんのイタリア男の小粋な短編集。
いろいろ微妙にリンクしてたりもします。


描き下ろし『ジェラートにまつわる三つの短編』の最後の章がすっごくいいんです!

絵も特徴あっておしゃれだし。素敵。
展開の仕方もうまいし。
言う事ナッスィング(古)です。



あんまり関係ないんですけど、似た雰囲気のアニメーションサイトがあるので紹介してみます。
パンダなんだけど、コレがほんと可愛いから!

webhisa
http://www.webhisa.com/

page top
暴れる犬
佐倉ハイジさんの新刊。
角川書店から。

いつも通り面白かったです。
『暴れる犬』とそれにリンクした『迷える狼』収録。

『暴れる犬』
なんか…前より…恥ずかしくなった(え?)
かなり甘くなってません?
描き下ろしのクッキング(?)編がお気に入り。


『迷える狼』
『暴れる犬』の主人公の元カレ(?)のお話。
私はこっちの方が好き。
キャラがどっちも可愛くってヤバい。攻めはまた36歳とゆー微妙なオヤジですが。
これも絶妙なノリをそのままに全体的に甘め仕上がり。
てか、やっぱうまくなったね!表情とか増えた気がする(気がする?)


つかちらっと思ったのですが、ハイジさんて百合もいける?
完璧私のモーソーなのでわかんないですけど、なんかどっかで描いてたら読みたい…。
私百合は基本的に苦手なのですが、ハイジさんのだったらかなり読みたい。


そういえばかなり余談ですが、江國香織さんの『きらきらひかる』の紺君のイメージはなぜかハイジさんの絵なんですよね…。
ちなみに笑子は羽海野チカさん。
page top
純情ロマンチカ7
近所のヨドバシカメラにある三省堂でだらだら汗を流がしながら買ってきました。
意味がわからん。
最近ホモ漫画はほとんど通販で買ってたので書店購入は久しぶりだったのです。
なんか緊張するわ…やっぱ。人に見られたいものではないですから。
こないだ隔月のBL雑誌を本屋で見かけて買おうかどうしようか迷ったあげく買うかーとレジに持って行ったら知り合いが本買ってるまっただなかで慌てて引き返したってゆー…。
いやはや焦った。

まあそんな話はよいのです。

今回の純情~はテロリストがメインになってました。
ロマンチカとエゴイストは一話ずつ。

テロリストはも~毎度の事ながら見てるこっちが恥ずかしいっつの!(笑)
墓場の告白(?)シーンなんて青春ドラマかって程ですよ。
いや、青春ドラマか。(笑)
宮城(攻)は35歳ですけど、アリだろ!(そーか?)
だって宮城がカワイイんですよー。
なんか春菊さんはこういうキャラ向いてますね。
エゴイストもそうだけど、この葛藤の感じがとても良い…vv

ロマンチカはお話が進みそう?
そろそろクライマックスに向かうのかしら。
あ、角先輩の秘密(?)は私の予想とは違いましたが、こーゆーのは好きです!
てゆーか安心した!最初のウサギの予想(?)のまま進んでたらちょっとつまんないなーと思って。
裏切ってくれてよかったです。
でも人によっては想定内って人もいるかも。
私は予想してなかったー。結構ありがちなネタなのに(笑)
© R-DADA. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。