BL本を中心とする、感想ブログ。 映画などの感想もあり。 といっても本と映画の数は半々くらいです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
24 シーズン2
前回なんだかんだ文句つけてましたが観ました。
だってテリーとかニーナとか気になっちゃったし。

シーズン2面白いじゃないっすか~。
1がイマイチだったのでさして期待してなかったのですがとてもよかったです。
これなら話題になるのも納得の出来栄え。
前回私がこれはな~と思ったとこはほとんど改善されてて満足満足(なにを偉そうな)

相変わらずキムのエピソードは本編に関係なくて、いらないんじゃないの?と思うとこもありましたが、父親とのシーンはいいとこたくさんあってそこはよかった。
キムのエピソードはいらないというより本編と対称に安心感のあるものにしてほしい。
本編でばたばたしててこっちでもハプニングじゃ疲れるし「ちょっと勝手な行動とらないでよ!」とか思っちゃうんで。
安心感とまではいかないまでも逃げたり撃ったりしなくていい内面的な葛藤シーンをちょこちょこ入れるの希望。

全体的に無駄なところが大分減っているように思えて良かった。
『時間』を意識した構成にもなってたし。


にしても今度こそはハッピーエンドかと思ったのに!(バッドエンドってわけじゃないけど)
「アメリカに祝福あれ!」で終わらせればいいものをと思いつつ次も早速借りてますvv

スポンサーサイト
page top
さらい屋五葉
貧乏浪人、政に舞い込んだのは、遊び人風の男弥一の用心棒の仕事。
しかしその弥一こそ『五葉』と名乗る族の頭であった。

オノ・ナツメさんの作品てカッコよくて素敵なんですが、始めはとっつきにくいんですよね。
これもそうだろうなーと思って買ったのですが 全っ然!
最初数ページ読んだだけで引き込まれちゃいます。
設定がおもしろいし五葉の弥一がまたカッコいいの!

オノさんてイタリアものが多いので和物は新鮮。
でもとっても合ってます。雰囲気のある絵柄なのでこういうクセのあるのにはぴったりですね。

これはイチオシですよー。
一巻なんでまだ続きがあるんです。
今後が楽しみですね、弥一が政によってどう変わっていくのかとか。
(ホントは弥一と政がどーなるのか期待したいですがこれは
なんにもないだろうな…ちっ 笑)



page top
パイレーツ・オブ・カリビアン2
ジョニー・デップとオーランド・ブルーム超カッコ良かった!
オーランドは『指輪物語』の時よりこっちのが好き。

あと衣装がとっても素敵でした。
女の子のドレスもいいし王子服(違う)も海賊服も着たくなるほどかわいかった。
ひらひら王子服が似合っちゃうオーランドもすごいよね…。
『メゾン・ド・ヒミコ』でオダギリジョーが胸にひらひらのついた服着てた時は失礼ながらちょっと笑っちゃったもの。オダジョはイマイチいい
衣装があたらない気がする…。(『忍』とか。新撰組の時のは好きだけど)


話は普通に面白いし映画館で観ると迫力もあるけど、なんか少年漫画っぽさがぬぐえない?
敵さんがヌルヌルの変な妖怪でそりゃないだろとちょっと思った。
変にクオリティ高い分B級っぽくもならないし。
全体的にコメディタッチでわりと子供向けなのかなーとも思いました。


page top
24 twenty four シーズン1
観ましたよー。
噂の『24』!

でもな…。正直噂ほどじゃなかった。
最初はわけわかんないし途中はマンネリだし
最後の方になると面白くなるんだけど…。


リアルタイムってアイデアは面白いと思うけど、あんまりそれが活かせてなかった。
必要のないエピソードが多くて(妻子のくだりはほとんどいらないんじゃ?)
24時間も使わないでもっとすっきりまとめた方がよかったと思う。


つまらないわけじゃないんだけど展開や人物の言動がいちいち不快。(私がそう感じるだけだけど)
こういう人物のたくさん出てくるドラマは人物にもいろんな意見や派閥があるじゃないですか?
私この人についていく!ってキャラがいなかったんですよね。

あと波瀾万丈ってのは単に立て続けに事件が起こればいいって事ではなく
山あり谷あり、悪い事があればいい事があってまた悪い事があって、っていう波が大事だと思うんですけど、これはハラハラしっぱなしで逆に単調。
(その辺がうまいのが『宮廷女官チャングム』『のだめカンタービレ』)
そういう意味でももう少し爽快なシーンが欲しかった。


最後はジャックに躊躇いがなかった(娘が死んだと思ってたから)のと彼女のうんたらかんたら(ネタバレなしの方向で)がストーリーを勢いづけてて面白かった。
しかし最後が面白く感じたのは私が早送りで観ていたからという説もある(笑)
早送りだと倍速で一話25分!音声があるやつです。
字幕だからちゃんと読めるし慣れれば違和感なく観れるようになるので、ちょっとこのドラマたるいなーでも先は気になる、と思う人にはオススメvv

家族愛の部分がちょいとくどいんですよね、コレ。
page top
裸足でワルツを
【表題作】小説家の阿部は、出版社アルバイトの克実を犯した。2年後、突然阿部のもとに現れた克実は「好きだ」と積極的にカラダを開く。「なぜ追い返さないのか…」「この気持ちはなんだろう…」恋愛に少し臆病になっている小説家を青年の想いが揺さぶる。
三池ろむこさんの短編集。

Dea+で『願いかなえば』を読んでから大好きな作家さんです。
いくつかチョイスして感想書きました。

『裸足でワルツを』
なんか…表紙と全然受けの顔が違うんだけど!
表紙は女の子っぽい感じで所謂健気受け?なのかしらーと思って買うの躊躇ってたので、
違ってよかったですが。表紙よりはだいぶ好みです。
でも健気っちゃー健気かも(笑)
話はしっとり系。邦画っぽい雰囲気を醸してます。

『GOOD SKY SUNNY DAY』
いいですよー。夏ー。高校生ー。カメラー。
でもなあ、途中でいきなり話が進んじゃったのはもったいなかったかな。
24pだからってのもあるだろうけど。

モノローグで「この恋のような感情」ってあっさり一言で言っちゃうのはなんか残念。
話を読んでれば恋に向かっていってるのはわかるし、書くならもっと具体的に書くか(漫画でそれもどうかとは思うが)いっそ書かない方がよかった。
その後の告白シーンに繋げるためだったのかもしれないけど、そもそも告白シーンはいらなかったんじゃ?
私としてはあっさり告白しないで両想いをにおわせつつ
ちょっと後を残して終わるみたいなの希望。
告白までいくなら36pでみっちり、恋を意識する期間を書いてほしかった。
せっかくの雰囲気が壊れちゃった感じ。1シーン1シーンがいいだけに残念。
実は告白シーンもとってもよかったの…。
作画はこの本の中では一番好き。
一番古い話なんですけどねー。かわいいっつーか整いすぎてなくてよい。

『さよなら、冬の日』
この本の中で一番好きです!
別れ話のために冬の海岸にくるんだけども…
って話。
絶対BLの中でぶちあたる展開というか、男の俺でいいのかーみたいな。
よかった。
同じネタで今まで何人も書いてきてるだけに難しいとも思うんだけど、
台詞、モノローグ、作画ひとつひとつとてもいいです。
終わりも素敵!


page top
漫画漫画
漫画何冊か購入。
疲れるとホモ漫画が読みたくてたまりません。


『ザ・青春』猫田リコ
なんちゅうタイトルやねんと思いつつ猫田リコさんの青春漫画って読みてぇと思い購入。
青春…なんか想像と違ったんだけど、よかったです。
でも最後ものたりないよ!その後とか読みたい。
あとは『赤は興奮する』と『なんという関係』が好き。

猫田さんの漫画ってカッコいいし素敵なんだけど、イマイチ満足できないのよね…。
あれだ、トキメキがないのだ。
まあそういう作風でもないし。私とはあんまりあわないのかも。
つか麗人ってどこまでアリなんですか。
小学生×先生ってどーなんですか。猫田さんが描くと嫌な感じはしないんだけどね!


『嘘つきはだれだ』ユキムラ
評判の漫画家さんなのに初めてよみました。
ビブロス倒産でほとんど購入できなかったからでもありますが。これはdrap。
いやー満足満足。ちょおときめいた。
そもそもこんな王道ぽいBLって久しぶりだな…。
幼なじみにゲイであることを知られ、数年絶縁状態。
だが思いがけない扮海海院某深造??辰討罅次
攻めがホント王道で私の好みじゃないのですが、店長やじいちゃんその他もろもろのスパイスが効いててよかったです。
つかもう受けの服が毎回可愛いし、扉絵の構図も素敵だしセンスのある作家さんだなぁと思いました。



『純情特攻隊長』 清野静流

別フレ連載の少女漫画。
学校一の問題児平田に気に入られた暴力女千笑。
ただのワルだと思ってた平田は案外イイヤツで…。


なんか惜しい。5年前なら好きな内容なのに。(とかいいつつ買っちゃったって事は今も好きなんだ
ろうけど)
最初のとこだけ本屋で読めるようになってて面白そう且つ好きそうだったので買ってみました。
しかしながら絵も話も途中で飽きる。
特に千笑の従弟がでてきたあたりから本気でタルくなってきました。
つかこのキャラがとても嫌いなタイプだったの。
王道少女漫画すぎる。
このテの話ってたくさんありすぎて(なまじ好きなだけ結構読んでたので)今更これだけで勝負は難しいでしょう。どっかひとつでも魅力的なところがあればいいのに。
しかし別フレってのがまたビミョーーな(笑)


page top
フライトプラン
飛行機の中で娘が失踪。
娘を見た者はひとりもいない。
閉ざされた空間で娘を探すお母さんのアクションもの。

お母さんすげー。
たくましすぎだよおかあさん…。
実はどっかの国のスパイとかでしょ。


つーか最後ほんとに爆発させるとは思わなかったなー。
いいのか、あれは。
正当防衛なのか。

痛快っちゃ痛快。
最後はすっきりしました。

てかすいません、観たの結構前なんで忘れちゃt

page top
祝50!海外ドラマ特集
これでこのブログでは記事が50回目になりました!(移転の際に消去したものはカウントしていませんが)
ぱちぱちぱち。
そして記事を見返していてあることが判明。
ここBL本感想ブログなのに映画に関する記事の方が多い…!
映画感想に変えた方がいいかしら?
最近あんまりBLも読まないんですが、最近はよしながふみさんに注目してます。
この人のBLものは読んだことないので読みたいです。
古本屋で立ち読みしたけどイイ感じ。


さてはて、こんなことを言っておきながらまたしても本の感想じゃありません(笑)
今日は海外ドラマです。
母が『LOST』のDVDを2巻まで借りてきてたので、ついでに特集と称してオススメの海外ドラマをご紹介!


『LOST』
結構面白いです。
飛行機の墜落事故で無人島に残された人々が島を脱出しようとするお話。
15人くらいで群像劇っぽい感じなのですが、一人一人にドラマがあって構成も上手いです。
内容はヘビーで痛いところも多いですが、なんか人間観がリアルで納得。
ただホラー(とは違うんだけど、見えないものが襲ってくる恐怖?)ぽいところがあるんで嫌な人は注意です。穏やかに観れるドラマじゃないかも…。


穏やかに観れるといえば今テレビでやってる『名探偵モンク3』は安心して観れますよ!
口で説明するのが難しいのですが、個性的な面々で楽しいです。
あからさまに悲しい展開にはならないし、笑いどころもある。
謎解きも必見です。
そういえばこの間の回はホ○ネタが結構あってご機嫌でした♪警部×ディッシャーとか…ダメっすかね?(笑)誰もやってくんないよな、こんなマイナーなの。
あ、確かコレBSなので観れない人もいるかもです。


あとマイナーな海外ドラマなのですが『ウィル&グレイス』ってご存じですか?
だいぶ前にNHKで深夜に再放送されてました。
同居しているゲイのウィルと女の子のグレイスの話。
ノリは『フルハウス』とかあんな感じ。あそこまでアットホームじゃないけど。
観れば「ああ!」ってわかると思います。
ごくたまに抜き打ち(?)でやってるのですが、最近は観てないな…。
深夜の暇つぶしのお供だったのに(笑)


その他、韓流だと私が言うまでもないですが『宮廷女官チャングム』とか。
あと今『チェオクの剣』の再放送やってますね!
あれはBSで放送してた時はあんまり観てなかったのですが、今回ちょっと真面目に観てます。
音楽が好きなので着メロまでとりました。使ってないけど(笑)


さてさて、最近のはこんなところかしら?


かなり気楽に書いてる自己満ブログですが、ここまで続けてこれて嬉しいです。
これからはもうちょっと作品の中身についてもちゃんと書けるといいな。
100回目指してがんばるぞー。
page top
不連続世界
【表題作】長い間親友んの兄に焦がれている軍司。
独占できるとはとても思っていなかった。
あところがある日、彼が「お前、俺のこと好きなんだろ?」とからかいのキスをしてきた。
挑発された軍司は無理矢理彼の自由を奪ってしまうが…。


大好きなトジツキハジメさんの短編集です。
前回の『白猫』は可愛いのが多かったのに比べて、今回わりとクール。
今回一番のお気に入りは『クライマックス』
美大生のお話。
攻とその他もろもろめちゃ好みだったので。

あ、全体的にエロ少なめです。
ちょいと不完全燃焼です(笑)
私この人の描くキスシーンが大好きなので、もっと描いてほしいなぁ。


あとがきのダークヒーロー笑いました。
なんか…そりゃNG出るだろうよと思いつつ見たい気もする。
てかダークヒーローほほ染めんな 笑

© R-DADA. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。