BL本を中心とする、感想ブログ。 映画などの感想もあり。 といっても本と映画の数は半々くらいです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ロマンス小説の七日間
海外ロマンス小説翻訳家のあかり。
恋人に対するイライラを思わず翻訳小説にぶつけてしまう。
原作を離れどんどん創作されるストーリー。
現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、やがてどんどんとんでもない展開に!


前回読んだ『月魚』で三浦しをんにはまったので他もがんがん読む予定。
普通の男女の恋愛ものかと思っていたので買うかどうかためらっていたのですが、裏表紙のあらすじに落とされました。
これで面白くないはずがないって!!
あかりの書いたロマンス翻訳小説(途中から創作小説になってるケド)とあかりのお話が交互に載っています。
二つ読めてお得?


発想が素敵ですよねー、コレ。
最初はバラバラに思える二つの話も除々にリンク(?)していっていい感じ。


ロマンス小説が結構ちゃんと書いてあって、下手をすると本編よかこっちのがページ数多いかも。
というか私いわゆるロマンス小説(ハーレクイン?)という物を読んだことがなかったので、なんか新鮮だった。もっともハーレクインなのは最初だけって気もしますが。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© R-DADA. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。