BL本を中心とする、感想ブログ。 映画などの感想もあり。 といっても本と映画の数は半々くらいです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ムーランルージュ
ミュージカル映画です。
ユアン・マクレガーとニコール・キッドマン主演です。
彼ユアン・マクレガーだったんですね!今調べて知りました。
私はどーにも外人さんの顔の区別がつかないので、どっかで見た顔だなーと思いつつ「スパイダーマンに出てた人じゃん?」とか言ってました(汗)


お話は1899年のパリ。作家の青年と娼館『ムーラン・ルージュ』の踊り子とのラブストーリー。
波瀾万丈の展開の末悲しい結末になってしまうのですが。


ミュージカル映画なので歌うシーンがたくさんでてきます。
その歌がどれも素敵ですごく気に入りました!
主演の二人の歌声のハーモニーがまた素敵なんですよー。
自分の想いを受け入れてほしい青年と自分の気持ちに気付つきつつも認められない踊り子の歌の掛け合いのシーンが一番好きなんです。結局踊り子が気持ちを受け入れるまでを歌だけで表現してるのがとてもいい。こういうのに弱いのよ(笑)
細かい演出も気が利いてる。


この辺は前半なのですが、後半はイマイチだったな。
なんかごちゃごちゃしてきちゃって。
ストーリーも納得できない部分があって、ネタバレになるのでここでは書きませんが、なんかそこだけご都合主義。
だいたい駆け落ちは、明朝どこどこで「待ってる」と言ったら終わりでしょう。
荷造りなんかええからさっさとせいやーって思いません?
かつてその待ち合わせに成功したカップルがいたか!
この前後が無理矢理話を持っていった感があって嫌なんです。
ここいらをもうちょっと納得できる形にして欲しかったなー。


面白い話だとは思うんですけど、やっぱり私はハッピーエンドがよかったな。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© R-DADA. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。