BL本を中心とする、感想ブログ。 映画などの感想もあり。 といっても本と映画の数は半々くらいです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ギャルソンと歯科医
またまた榎田さんの二作品。
若干ネタバレありです。ご注意ください。


『ギャルソンの躾け方』 榎田尤利

攻のサドっぷりが素敵な作品です。
じわじわと攻めてくエロシーンは見物かも。

でもなぁ。
後半のツメ(起承転結の転)が強引というかご都合主義って感じで残念。
睡眠薬で眠らせて拉致監禁。薬盛って強姦未遂って…。ものすごくベタだし。
しかもそれをやったのが受の彼氏の義理の弟ってのがまたなんとも…。
別にベタが悪いわけではないんだけど、そこまではワリと普通の話だったのにイキナリ非現実的な方へ流れるからついていけなかった。。
あえてあそこでソレをやる意味がわからない。篠宮がバール持って乗り込んでくるのは面白かったけど。
もっと現実的に収める方法もあったのでは。

↑結構いってますが、その部分さえ気にならなければ普通に面白いと思います。
なんだかんだいって最後は綺麗にまとまってるし。


『歯科医の憂鬱』 榎田尤利
意外にもすっごい良かったです!
正直↑を読んだ後だったので不安だったんですが。
今まで読んだ榎田さんの作品の中でだと一番好きかも。
どうという事はない話なんですけどね。
キャラが創り込んであって無理がないし、なにより穂高(攻)が格好イイ!
ものすっごく好きなタイプです(笑)
BLに限らず男の口説き文句に「ぎゃーかっこいい!!!」なんて言うこと滅多にないのに!
後半は三和(受)が主人公ということでどうかなーと思ってましたが。
意外にも共感できちゃったという…(笑)
さっきもいったツメの部分でまたもやご都合主義?攻が助けにくる?と思いきや、
三和が東郷(当て馬。三和の元恋人)をひっぱたく場面はスカーッとしました。
テーマ的にもしっかり決着がついて満足。

脇キャラも気がきいててよかった。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© R-DADA. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。